FXで損して退場になる人が多い理由は向き不向きが原因

FXで損して退場になる人が多い理由は向き不向きが原因

FXで損して退場になる人が多い理由は向き不向きが原因

 

FXは通貨の動きが上か下かを判断するだけですから、確率の低いパチンコやパチスロ、競馬、競輪、競艇よりも断然勝ちやすいです。そして手数料が無料でスプレッドが手数料みたいなものですが、それでもレバレッジの効果でとても手数料負けをするほどの額にはなってはいません。しかし簡単に損をして退場になる人が多いです。退場になる理由として証拠金取引が原因だと思えます。株の方も退場になるのは証拠金取引の信用取引の方で、現物の取引しかしない人ならほとんど退場していません。

 

それで退場する人は証拠金が不足して退場になるから、証拠金が不足しなければ退場にならないと考えると退場が多くなる理由が納得できます。しかし証拠金が不足するのは売買が駄目だからでして、売買がうまければ証拠金は不足しません。むしろ増えていきます。証拠金不足はあくまでも結果でして理由では無いです。理由としては売買が下手だから退場になると考えるのが正しいです。それで売買が下手な理由としてFXに向いていないからです。FXは通貨の動きが上か下かですから確率は50%に見えますが、確率は常に変動していて、上に行く確率が70%になったり10%になったりしています。

 

それで負ける人達は上に行く確率が70%の時に買わないで10%の時に買うから、トータルで負けて退場になります。確率が高い時に買わないで、低い時に買うとかでFXのセンスが無いから、いつもタイミング悪く買って失敗して、損をして証拠金が不足して退場になります。そして利確のタイミングもまだまだ上昇するタイミングで利確して儲けを減らしていしまい、損切りのタイミングも急ぐところを急がないで損失を増やす感じでセンスの無いトレードをして、結果的に証拠金が不足して退場に追い込まれます。それでFXで退場する人が多い理由は、FXに向いていない人が多いから、必然的に退場になる人が多くなります。FXが特に難しいわけではなく、心理面での向き不向きが退場者を増やしていると考えた方がいいでしょう。